ボランティア活動は参加して初めて良さがわかる!

一か月ほど前に市のボランティアに登録しました。前々から何かやりたいな~と思っていまして。日本各地で災害が起こった時に、ニュース等でボランティアの人たちが頑張っている姿を見て、何か自分にもできることはないかと常々考えていました。家族もいるので一人で遠方に出かけたりするのは難しく、ほんとに少額の募金をする程度でした。

私にできること何かないかなと考えたのち。とりあえず市で募集しているボランティアさんに登録することに。10年間子育てをしてきたので子供関係のボランティアがあればいいなと思っていたら、今は託児ボランティアの募集が多いというお話で。経験もなかったのですが、参加してきました。

10か月から3歳ほどの子供たちを2~3時間預かります。子供のママたちは子育てに関係のある講座や自分のお仕事に関するセミナーなどに参加されます。託児があると一人でゆっくり勉強できるのでとてもありがたいと思います。私自身もよく託児をお願いして参加していました。今度は恩返しのつもりで、託児ボランティアをするほうにまわりました。

子供たちはママとバイバイするので最初はかなり泣きます。号泣です。それは仕方がないことだし、全然気になりません。30分もすればほとんどの子は泣きやみ、遊び始めます。子供の素晴らしいところは、諦め(切り替え)が早いところです(笑)ママがいないとなると、他の人に懐きます。かわいいもんです。

参加するまでは、こんなことがあったらどうしよう、とかいろいろ不安はいっぱいありましたが。実際やってみると楽しくてあっと言う間の時間です。案ずるより産むが易し、ですね。ボランティアなのでもちろん報酬はありませんが、少しの気持ち(お茶など)をいただきました。ママたちが帰って来たときの「ありがとうございます!」という言葉がなによりも嬉しいかったです。ボランティア活動ってそういうふうに人の役に立てる、人から「ありがとう」と言ってもらえることが大事なんだなと実感しました。

ほんとに小さなことですが、何か社会の中でお互い助け合っていけることがあるといいなと思います。
記事の投稿日:2016年9月15日

こんな記事もおすすめです