ズボラなパーマ。ドライヤーを使わずに髪の毛を自然乾燥

暑かった夏、美容室に行って髪を切ろうかどうしようかずっと悩んでいました。結局は何かと予定があった事に加えて美容室の予約が面倒でそのままになっているのですが。なので、髪はいつも後ろで一つに束ねていたのですが、そうしながらも気になっていたことがありました。それはお風呂上りの事です。

たいていはきちんとドライヤーで髪を乾かすのですが、何かの時に乾かすことすらせずそのまま放っていた事がありました。すると、髪がいい感じにウェーブして軽くパーマをかけたように見えたのです。内心“これっていい感じ?”と思ってしまいました。それからお風呂上りに髪を乾かさずいい感じのウェーブを密かに楽しんでいる時がありました。しかし、気になったのが“自分ではいい感じだけど、人から見てどうなんだろう?ただのボサボサなのかな?”という事です。そう思うと普段はやっぱり後ろで髪を束ねていました。

そんなある時、またお風呂上りに髪を乾かさず放っておくと娘から「お母さん、パーマかけたの?」と聞かれました。「えっ?そう見える?実はシャンプーしてそのままにしていただけなんだけどね!」と言うと「そうなんだ。いい感じじゃない!」と、言われました。そんな事を言われると嬉しさと同時に“ヤッター!他人から見てもおかしくないんだ!”と、してはいけない勘違いをしてしまいます。

数日後、実家の母を連れて買い物に出かける機会がありました。娘に“いい感じ”と言われた、名付けて“ほったらかしズボラパーマ”で出かけました。もちろん、ほったらかしとは言っても出かける前にはちゃんと鏡でチェックはしましたが。いつもは髪形を変えたら「美容室に行ったの?」と聞いてくる母が、一緒に出掛けてもその時は何も言いませんでした。

帰り際、あまりに何も言ってくれないので「今日の髪型どう?」と聞いてみました。すると母は「うん、なんとなくクルクルしてるね!」と言いながら少し笑っていました。「えっ?いい感じじゃない?実はシャンプーをしてそのままにしているだけなんだけど。」と言うと、母は「うん…」と頷いて苦笑するばかり。それ以来、やっぱり髪は後ろで一つに束ねています。近々、ちゃんと美容室にも行きます。でも、ズボラなままに出かけたのはそれ一度きりなんですよ。今は、ズボラウェーブを楽しむのは当然家の中でのみです。
記事の投稿日:2016年9月15日

こんな記事もおすすめです