親友へのプレゼントをかわいい猫の箸置きにしました

ここ2~3か月ずっと、高校からの大親友への内祝いの贈り物をずっと探していました。親友からもらった結婚祝いは、かわいらしい色とりどりの花柄の北欧食器のセットでした。まさに私好みなもので、さすが親友。わかってるなーの一言に尽きました。すごくうれしかったです。だから私もお返しは「まさに親友好みなもの」をずっと探していたんです。ずーっと。

親友が好きなものを思い浮かべたときにまず浮かぶのは、niko and...というレディースもののカジュアルブランド。でもこれは毎年二人でしているクリスマスパーティーでのプレゼント交換でも何度か渡したことがあるので、ぼつ。うーん。それで次に思い浮かんだのは、「猫」。そうだ、猫だ!猫のグッズにしよう!とたどり着いてから、はや2か月。

色々な雑貨屋さんをめぐりました。近頃の猫ブームもあって、猫グッズは結構いろいろなたくさんありました。でもこれ!といったものには、なかなか出会えなくて。
そして、よーーーーうやく見つけました。私が決めたのは猫のモチーフのシンプルな箸置き。親友の家にはかわいいランチョンマットや食器類はあっても、箸置きはなかったなと思ったからです。多少予算オーバーでしたが、喜んでもらえるならと思い切って決めました。お会計でプレゼント用に包んでもらっているときからすでに、親友の喜ぶ顔が目に浮かぶようでニヤニヤしてしまっていたかもしれません。

ついでに一緒につける手紙の便せんも猫柄のものにしようと思いつきました。こちらは、簡単に100円ショップで見つけたので、即購入。箸置きで少しお財布の中身がさみしかったので、、許して、親友。早速家に変えて手紙をしたためました。これで親友にあてた手紙、一体何通目だろう。なんて考えながら。

つぎに、渡す方法。手渡ししようか、発送にしようか迷いましたが、ここまで悩んで購入したので手渡しにすることに。早速親友に連絡し、会う約束をとりつけました。さあ、今日がその日でした。一緒にパスタを食べたあと、さっぱりと渡しました。ものすごく頑張って探したんだよ!とアピールするのはカッコ悪いかなと思って。

そしてさきほど、帰宅し、中身をみた親友から電話がかかってきました。「いやー、さすがだわ!もうね、どツボ。めっちゃかわいいこれ。毎日使うわ。ほんとにありがとう。」とのこと。どツボだって。いひひひひひ。目的だった「まさに親友好みなもの」を私はちゃんとあげられたらしいです。大満足!
記事の投稿日:2016年9月15日

こんな記事もおすすめです