ファイナルファンタジーのモーグリに誘われて見る夢

最近、娘がゲームセンターのクレーンゲームにドはまりしています。娘は大学生なので、いい年をしてと思うのですが、ネットのクレーンゲームの攻略方などを研究して実践して、かなりの確率で商品をゲットしてきています。先日もおそ松さん(彼女はここずっと流行っているおそ松さんにぞっこんなのです)のグッズを割と少ない金額でゲットしたらしくてみんなに自慢していました。クレーンゲームも落とし方があるらしく、確率のヤツはちょっとその時のタイミングで落ちやすいかどうかが変わるとか何となくオタク的な話を説明しますが、私には何のことやらって感じなんです。

でも夏休みに映画を見た半券でゲームが二回無料になるというので、二人で早速ゲームセンターへ。娘が物色したところ、特に興味ないものが多かったので私が欲しいものを取ってあげるというのです。私が欲しいものなんて?と思いましたが、ありました!それはファイナルファンタジーのモーグリのプラの置物で、電池式のライトになっているのです。スイッチを入れるとモーグリの頭の丸い玉がオレンジ色に光るのです。「これ、欲しいわ~」

私は昔からファイナルファンタジーのファンで、特にモーグリは大好きなキャラクターだったので、一目で気に入りました。すると、娘は店員さんに言って、それの操作を無料で二回出来るようにしてもらいました。二回で出来るかな?と思いながらも、結構最初から入口に寄っていたので出来るかもと思い、なんと見ているとみるみるうちにそれを入口へと落としてゲット!「すごい!」思わず二人で飛び上がって喜びました。

帰ってから電池を入れて、スイッチを入れるとぼ~っとしたオレンジの光がモーグリの頭から輝いています。家の明かりを消してこれだけつけてると、何だか違う世界に案内されそうだねと二人で言っていました。「これ、寝室に持って行っていい?」私は娘がいいよというので、その日から眠るとき、そのライトだけ照らして眠ることにしました。すると、その日から不思議なのですが、起きた時に自分が夢を見ていたことを覚えているのです。いつもは何も夢みていない感じで起きるのに、毎日起きたら色んな夢を見ていると思いながら起きるように。娘にそれを言うと「まさに夢前案内人だね」と笑われました。自分が暗示をかけてるのか?本当にモーグリがそうしているのか?何だか不思議な体験をしているようでした。

しかし、気が付くとモーグリのライトが薄っすらしてきて、電池はまだつくはずなのに、接触の関係かしばらくしたら、明かりが灯らなくなってしまったのです。それから?夢をまたあまり見なくなってしまいました。これって、ちょっと信じすぎ?でも真夏ももう少しで終わり。真夏の世の夢は、そろそろ終焉を迎えるということなのかもしれませんね。
記事の投稿日:2016年9月15日

こんな記事もおすすめです